現金払い文化が滅んでほしいので、電子マネーの良さを簡単に列挙します

現金払い文化が滅んでほしいので、電子マネーの良さを簡単に列挙します

少し過激なタイトルではありますが、私としてはどうしても現金払いが根強い文化が大嫌いです

しかし考えてみれば、もしかしたら電子マネーを使わない人たちは電子マネーを得体の知れないものとしか思っていないと思いました。

なのでまずは電子マネー(プリペイドカードなども含む)の良さ、魅力を、現金払いが中心人たちにとりあえず簡単に知ってもらおうと思い以下に列挙していきます。

なお、ポイントや還元率がどうだなどを考慮していないことご了承ください。

会計が速く済む

電子マネー最大のメリットはこれだと思います。財布から小銭を漁る必要がありません。リーダー(電子マネーの読み取り機)にカードなりスマホをかざすだけで一瞬で会計が終わります

ところで、行列ができたレジで会計をしてる人がいつまでも財布から小銭をジャラジャラ漁っててとてもイライラしませんか?私はとってもイライラします。会計してるお店の人もイライラしてるはずでしょう。そしてその財布ジャラジャラの時間は自分の前に並んでる人数ぶん繰り返されるのです。考えただけで私は嫌になります。

ところが、列に並んでる人たちが全員電子マネー払いだったらどうでしょうか?いや列すらできません。お店の人も私たちもウィンウィンです。

 

例えば、こんな状況で電子マネーが使えたらもう最高な気分ですよね?

ポイントが付く

ほとんどの電子マネーは会計金額に対してポイントが付与されます。200円につき1ポイントなど。そしてほとんどの場合1ポイント1円として利用できます。

200円1ポイント換算で考えた場合、例えば1万円の買い物をしたら50ポイント貯まります。毎月1万円の買い物を1年間したら合計600ポイントになります。金銭感覚に優れている現金払い中心の人なら600円が無駄にはできないことは十分理解できますよね?

※各社でポイント付与率は違い、ポイントの交換倍率も異なります。

なんでそんなに現金払いしたいの?

一度電子マネー習慣を手に入れたら、その快適さゆえにもう現金払いには戻れません。会計で小銭をいつまでも漁って時間を無駄にしている人に対して憎しみすら覚えてしまいます

一方で災害時や緊急時などには現金は必要不可欠になると思います。私もそれを十分に理解しているつもりです。しかし24時間365日が非常時ではありませんよね?

列挙しなかったメリットとしては、スマホアプリなどで自動的に家計簿を付けてくれるスマホに電子マネー機能を搭載することで財布を取り出す必要がなくなる現金を用意する必要がないのでATMに行く必要がなくなる、商品によってポイント付与率を高くなるなど電子マネー発行元の独自の特典などなどがあります。

 

以上、電子マネーの良さのまずは簡単な紹介でした。