「これだからAndroidはク○」など全Android端末共通のように批判されてしまうのを防ぐにはどうしたら良いか

「これだからAndroidはク○」など全Android端末共通のように批判されてしまうのを防ぐにはどうしたら良いか

「これだからAndroidはクソ」

普通の人がこれを見たら「ふーん。そうなんだ。」ぐらいしか考えないと思います。

しかしガジェット好きの人間が見たらいろいろな感情が湧いて、いろいろいろ考えてしまうと思います。Android端末が一括りにされてしまう悲しみ、怒り、気のどくさ、もどかしさ、いろいろ教えてあげたい など。

私としては個々人が何を発言しようが自由だと思いますが、その人にはもっと知識をつけてもっといろんな端末に触れてもっとAndroidの良さを知ってほしいと思う歯がゆさがあります。

 

ここで、根本的に「これだからAndroidはクソ」など全Android製品を一括りにされてしまうことを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

まずは自分が持っている端末のスペックを理解してもらう必要があると思います。最小限、どんなCPUが搭載されているかぐらいかは知ってほしいです。(RAMやバッテリー容量も書こうと思ったが、iPhoneは公式に数値を公表していない)

しかし、ケータイショップなど一般的な人が行く端末が販売される現場では主にコア数の明記しかされていません。知識がある人なら同じクアッドコア(コアが4つ)でも同じオクタコア(コアが8つ)でもクロック数が異なれば体感はぜんぜん違うことを知っています。

ならコア数に加えてクロック数も載せればいいじゃん となりますが、ガジェット好きの人間なら端末の所持数や所持経験が多いため、このCPUはこれくらいの操作感だろうと推測が容易だと思います。しかし一般的な人はそもそも端末を比較する経験が少ないと思います。コア数とクロック数がわかったところで操作感は想像しにくいはずです。

もう一つ地味な問題なのは、発売日が新しい=高性能であるという考えがあることだと思います。iPhoneならまさしくそうですが、例えば、発売日が少し近いHuawei P10とarrows M04ではだいぶスペックの差があります。Androidは同じ時期に発売されてもハイエンド(すごく性能が良い)、エントリー(性能はあまり良くない)、ミドルレンジ(ハイエンドとエントリーの中間の性能)と住み分けて発売されることが多々あります。

 

端末の性能を理解する、端末によって性能の住み分けがある という事実を知ってもらうにはどうしたら良いか。

個人的に最も手っ取り早い方法は「ベンチマークスコア」だと思います。「OSが違う」などなど批判はあるかもしれませんが、知らないよりはマシだと思います。あくまで参考の1つでしかありませんが、現状ベンチマークスコアは有力だと思います。

ベンチマークとはその端末の性能を数値として表すことです。一般的に結果の数値が大きければ性能は良い、小さけれな性能は良くないと読み取ることができます。数値の大小でその端末の性能を知ることができるのでとても簡単なことだと思います。

数値によって自分の端末の性能がわかり、他の端末の数値を知ればそれぞれの端末の性能の比較を簡単にすることができます。

ベンチマークは専用のアプリをインストールすることで実行できます。いろいろなアプリがありますが、特に「Antutuベンチマーク」はおすすめです。 CPU性能の他にGPUなど他の要因を含めた総合的な性能を数値化してくれます。

▼Android版

▼ iOS版

さて、ここまでベンチマークスコアがAndroid批判を防ぐ方法だと述べてきましたが、極論は自分の持っている端末を知ることで他の端末に自然に興味を持ってもらうのがいいことだと思います。私たちの押しつけの知識ではなく、ある程度は自分で能動的に調べてもらったほうがより知識が深まりより関心が持てると思います。

以上、知識があることで世界はもっと広がるよ というお話でした。